たるみが出来る原因

たるみが出来る原因

要注意! たるみをつくる3つの原因

「たるみが気になりますか?」と聞かれたら、エイジング世代はもちろん、世代に関係なく「気になる」と答える女性は多くいます。
たるみがあると不健康そうに見えたり、年齢より老けて見られたり、良いことはありません。
実際、何が原因でたるみが起こるのでしょうか?
原因を知って肌のたるみに備えましょう。ここでは、たるみの原因を3つ紹介します。

たるみが起こる3つの原因

3つの原因をそれぞれ詳しく見ていきましょう。

・生活習慣
紫外線浴びることで肌はダメージを受け、たるみを引き起こす原因になります。
紫外線の中でも特に波長が長い紫外線A波は、皮膚の角質層よりもさらに奥にある真皮層にまで届き、コラーゲンに損傷を与えてしまうため、肌の張りが失われて顔のたるみにつながります。
そのため紫外線対策は日焼け防止だけでなく、たるみを防ぐ意味もあるのです。

一方で、活性酸素もコラーゲンを老化させる原因です。活性酸素を発生させるものの1つに、喫煙があげられます。
タバコの害は活性酸素だけではありません。ビタミンCを破壊する、ニコチンが血管を収縮させて血行が悪くなる、血行不良により酸素やタンパク質など皮膚を作る材料が体の隅々まで届かなる、といったことが起こります。
特にタバコを吸う生活習慣のある人は顔のたるみが独特なため、スモーカーズフェイスとも呼ぶことがあります。


・間違ったスキンケア
顔をゴシゴシこすったり、皮膚を引っ張ったりすると、たるみの原因になってしまいます。顔を洗うときは、強く押したりこすったりしないようにしましょう。
化粧水をつける時も優しくポンポンとたたくようにし、乳液や美容液も力任せに塗るのはやめましょう。


・加齢
年齢とともに筋肉が衰え、重力に逆らえなくなってくるのは顔も同じです。
筋肉が骨につている手や足とは違い、顔の筋肉は皮膚に直接ついています。
顔についている筋肉の力が低下すると、筋肉そのものも重力で落ちてしまい、たるみが起きます。例えば、目の下がたるんでいる人などは、皮膚についた筋肉が落ちて、皮膚がたるんだようになっています。
また顔に脂肪がついていると、その脂肪の重さによってだんだん下に落ち、たるみにつながります。
コラーゲンも加齢によって作られにくくなり、作られても若い頃のような質が保てず、肌の張りが失われます。この点からも加齢がたるみを作るといえます。

筋肉にせよ、脂肪にせよ、顔にお肉がついている人ほど、たるみができやすいのです。
顔にあまりお肉がついていない人でも、年をとると皮膚に弾力がなくなって、皮膚がたるんでいきます。

肌のたるみには、生活習慣と密接な関係があるようです。筋力の低下を避けることは難しいかもしれませんが、スキンケアや生活習慣、喫煙などを見直すことで皮膚のたるみを防ぐ効果は得られます。少しずつ意識して、たるみのない若々しい肌を持続させましょう。

たるみにお悩みの方へ、
「プロリフトRFコース」がおすすめ!

こんな方におすすめ!

  • ●顔全体のたるみを改善したい
  • ●フェイスラインを引き締めてたるみをケアしたい
  • ●痛みや肌に負担なくたるみをケアしたい
  • ●小顔のむくみを解消したい

pagetop

pagetop