疲れて見える「目元のたるみ」の原因と4つのケア方法

疲れて見える「目元のたるみ」の原因と4つのケア方法

疲れて見える「目元のたるみ」の原因と4つのケア方法

目元がたるんでいると、疲れて見えたり、老けて見えたりしてしまいます。
目元がたるむ理由やどんなケアをしていけば良いか気になることでしょう。

今回は目元のたるみの原因とそのケア方法について紹介します。

目元のたるみの原因は?

■加齢

目元のたるみの原因の一つに、加齢があります。
加齢によるコラーゲンやヒアロルン酸が減少や、目の周りの筋肉の衰えが原因で、目元にたるみが現れます。
また、年を重ねることで、目の下の脂肪が膨らみ、前に張り出すと、目の下のたるみとなります。

■目元の物理的・化学的刺激

目の周りの皮膚は非常に薄いため、洗顔時やマッサージの際に目元を強くこすったりすると、目元のたるみの原因となります。
また、化粧や汚れの落とし残しが、化学的刺激となって、目元のたるみを作ることがあります。

■パソコンなどの操作

現在はパソコンやスマートフォンを操作する時間が多い時代です。
パソコンなどの操作時は、瞬きの回数が減ったり、無表情になるために、目の周りの筋肉が十分に使われずに、目元のたるみの原因となることがあるようです。

目元のたるみを改善! セルフケア4つの方法

目の周りの筋肉を鍛えたり、マッサージや日常生活を見直すことで改善させることができます。

1.目元のエクササイズを行う

目元のたるみは、目の周りの筋肉で改善させることができます。

  • ①目を細めて、上瞼を上へ引き上げ5秒キープします。これを5回行います。
  • ②目を開けて、今度は下瞼を引き上げ5秒キープします。これを5回行います。

2.マッサージを行う

目元のたるみにはマッサージも効果的です。
目元にアイクリームやマッサージオイルを塗った後に、以下のマッサージを行います。

  • ①目頭から目尻にかけて、瞼を指で5回なぞります。下瞼も同様に行います。
  • ②今度は、ツボを押すように、目の下の骨をグッグッと親指で押します。上と下の両方を行いましょう。

目元のマッサージは強く行うと、逆効果になるので優しく行ってください。

3.目元を強くこすらない

目の周りの皮膚は非常に薄いので、たるみができやすい場所です。
洗顔やメイクの時は、目元をこすらないようにします。
特にアイメイクを行う時は、化粧品を塗るようにするのではなく、のせるように行いましょう。

4.目が疲れた時は休憩をとる

疲れ目も目元のたるみの原因となります。
パソコンの操作などで、目が疲れた時は、目薬をさしたり、眼球運動を行うなどして目を休めましょう。

疲れ顔や老け顔の原因となる目元のたるみはしっかりセルフケアをしましょう。
すでに起きてしまったたるみはホームケアでの改善が難しいため、メディカルエステなどの専門機関に相談すると良いでしょう。
早めのケアで、たるみ撃退が肝心です。

他の部位のたるみの原因・治し方を見る

たるみのお悩みで多い部位ごとに、原因、予防法、治し方等について解説を行っています。

たるみにお悩みの方へ、
「プロリフトRFコース」がおすすめ!

こんな方におすすめ!

  • ●顔全体のたるみを改善したい
  • ●フェイスラインを引き締めてたるみをケアしたい
  • ●痛みや肌に負担なくたるみをケアしたい
  • ●小顔のむくみを解消したい

pagetop

pagetop