たるみの解消・改善方法を解説

たるみの解消・改善方法を解説

肌のたるみを解消するための生活習慣

頬のたるみは、人を年齢以上に老けて見えるようにしてしまう困りもので、美容の大敵です。では、どうすれば解消できるのでしょうか。
実は、頬のたるみは生活習慣が原因です。生活習慣を改善することでたるみを解消し、
若々しい肌を取り戻せます。
ここでは、その生活習慣と解消法について紹介いたします。

頬のたるみの原因とは

頬のたるみの原因のひとつは、肌の弾力が低下していることです。弾力低下の原因には加齢や紫外線、乾燥、睡眠不足などが挙げられます。
また、顔の筋肉である表情筋や深層筋が衰えることも、頬のたるみの原因に挙げられます。
さらに意外にも、猫背も頬のたるみの原因です。猫背だと首の後ろ側が縮み、前側が伸びるような格好になり、頬が下側に引っ張られてしまうのです。

紫外線や乾燥を極力避ける

なぜ紫外線や乾燥を避けなければならないのでしょうか。 それは、肌の弾力を低下させる原因になっているからです。
紫外線は表皮の下にある真皮にまで届き、肌の弾力のもとになるコラーゲンなどを作り出す「繊維芽細胞」にダメージを与えてしまいます。
乾燥についても同様です。真皮層の水分が十分に保てなくなると、ダメージになってしまいます。また、「夜更かしはお肌の大敵」と昔から言われていますが、実際に睡眠不足だと肌が受けたダメージの回復が不十分になってしまいます。
こうした肌へのダメージが頬のたるみの一因ですから、肌へのダメージを防げば頬のたるみは解消されていきます。

顎舌骨筋を鍛える運動をする

上記のように、表情筋や深層筋など顔の筋肉が衰えると頬はたるんでしまいます。ならば、顔の筋肉を鍛えてあげればよいのです。一例として顎の下にある「顎舌骨筋」を鍛える運動を紹介します。
運動といっても難しいものではありません。
まず、できるだけ大きな口を開けて「あ」の形にしたまま10秒数えます。
次に口を「い」の形にして10秒、さらに「う」の形にして10秒数えます。
これで終わりです。たったこれだけでいいのです。
「もっと長時間やればもっと鍛えられるのではないか?」と思われるかもしれませんが、やりすぎると今度は表情皺ができてしまいます。過ぎたるは猶及ばざるが如しとはよく言ったものです。

猫背を解消する

最近のオフィスは当たり前のようにパソコンが導入され、デスクワークの多い人は徐々に姿勢が悪くなり猫背になってしまいがちです。こうならないようにするためには、意識して仕事中の姿勢を良くしていく必要があります。腰のあたりにタオルやクッションをはさむ、意識して肩甲骨を動かすようなストレッチ運動をするなど、いろいろな方法があります。
まずは「自分は猫背になっていないか?」という意識するところから始めましょう。

いろいろと書きましたが、生活習慣を改善すれば頬のたるみの予防・改善につながります。
いつまでも若々しい肌を保つためにも、ぜひ毎日の生活で上記を意識してみてください。

たるみにお悩みの方へ、
「プロリフトRFコース」がおすすめ!

こんな方におすすめ!

  • ●顔全体のたるみを改善したい
  • ●フェイスラインを引き締めてたるみをケアしたい
  • ●痛みや肌に負担なくたるみをケアしたい
  • ●小顔のむくみを解消したい

pagetop

pagetop