キャビテーションに関するコラム

キャビテーションに関するコラム

喫煙がたるみを悪化させる!? たるみとタバコの関係

健康のためにはタバコは吸わないほうがいい、と分かっていても「なかなかやめられない……」と言う方は多いです。

タバコは健康を害するだけでなく、美容にも悪影響を与えることも広く知られていますが、喫煙はたるみをも悪化させてしまいます。
そこで今回は、たるみとタバコの関係について紹介します。

タバコは血行不良の原因になる

タバコを吸うことで血管が収縮し、血液がスムーズに流れなくなってしまいます。
健やかな肌を保つためには血液がスムーズに流れることは、大きなポイントとなります。
血液がスムーズに流れなくなると新陳代謝は低下し、肌のターンオーバーを遅らせます。

そうすると肌の表面には古い角質がいつまでも残っている状態になり、肌は固くなってしまいます。
固くなった肌はスキンケアをしても思うような効果が得られにくくなるため、たるみにつながります。

タバコを吸うとビタミンCが過剰に失われる?

肌の水分を保ち、潤いをキープするためにはビタミンCは不可欠です。
しかしタバコを吸うと、体内に取り込まれたニコチンなどの毒素を分解するために、大量のビタミンCを消費してしまいます。

いつも通りの食生活だけではビタミンCが不足してしまい、肌が乾燥しがちになります。
肌が乾燥するとハリや潤いは失われ、まぶたや頬のたるみが気になり始めます。

タバコは活性酸素の発生源にも!?

タバコを吸うと、体内では活性酸素が大量に発生します。
活性酸素は発生する量が適量であれば、体にとってはプラスに働きます。

しかしタバコを吸うことで大量に発生してしまうと、体は酸化してしまいお肌の老化につながります。
肌が老化するということはたるみなどもそのひとつに含まれます。
タバコを吸い続けることで体内には活性酸素がどんどん作られ、肌はどんどん老化していきます。

女性ホルモンの低下もたるみの原因に

タバコは血管を収縮させたり活性酸素を大量に発生させたりと、美容に関しても悪影響を与えます。
しかしこれだけではありません。

タバコを吸うと、女性らしい体を作ったり肌にハリを与えたりする役割をする、女性ホルモンの一種『エストロゲン』の減少も大きな原因です。
また、これだけではなくコラーゲンやエラスチンといった、若々しい肌をキープするための成分をも破壊し、肌のたるみを引き起こします。


タバコを吸い続けることが体や肌に悪影響を与えているということを知るのは、とても大切なことです。
健やかな肌を保つためにも禁煙に向かって進むことをおすすめします。

―2016年9月2日

たるみにお悩みの方へ、
「プロリフトRFコース」がおすすめ!

こんな方におすすめ!

  • ●顔全体のたるみを改善したい
  • ●フェイスラインを引き締めてたるみをケアしたい
  • ●痛みや肌に負担なくたるみをケアしたい
  • ●小顔のむくみを解消したい

pagetop

pagetop