キャビテーションに関するコラム

キャビテーションに関するコラム

加速していく顔のたるみ、種類があるって知ってた?

30代に突入したころから、顔のたるみが気になり始めたという女性は少なくありません。
どんどん加速していく顔のたるみには、いくつか種類があるということをご存知ですか?

そこで今回は、年齢とともに加速していく顔のたるみの種類についてお話しします。

ほうれい線は見た目年齢にも関係する顔のたるみ

顔のたるみの代表ともいえるのが『ほうれい線』です。
ほうれい線は顔のたるみが気になり始めた初期から現れることが特徴です。
主な原因は表情筋の衰えによるものです。

表情筋は意識しないと鍛えることが難しい筋肉のため、普段笑ったり話したりしているだけでは表情筋は衰えていくばかりです。
何もケアをしなければ表情筋は衰え、ほうれい線ができやすくなってしまいます。

顔のたるみが進むと頬のたるみが気になる

ほうれい線がくっきりとし始めると、次に気になるのは頬のたるみです。
頬のたるみもほうれい線同様、表情筋が衰えてしまうことによってたるみやすくなります。
筋肉の衰えが大きな原因ですが、乾燥も大きく関係しています。

頬は皮脂分泌の量は比較的少なく、スキンケアを怠ると年齢を重ねるたびに乾燥が進みやすい部位でもあります。
乾燥しがちな肌はたるみを引き起こします。

二重あごも顔のたるみの一種

二重あごも顔のたるみのひとつとして考えられています。
二重あごは体重の増減などによってもできますが、あご周辺の筋肉『頤筋(おとがいきん)』や『舌骨筋』の衰えも原因のひとつです。

また、あご周辺はリンパが集中していて、リンパの滞りもたるみの原因として考えられています。
猫背など姿勢の悪さが気になる、と言う方は二重あごになりやすいと言われています。

まぶたのたるみは年齢を感じさせやすい

まぶたのたるみは見た目年齢を上げるため、たるんでしまうことで年齢を感じやすい部位です。
濃いアイメイクをしている方は、メイクを落とす時についごしごしこすってしまう、と言うことも多いでしょう。

まぶたの刺激となることはたるみにつながります。
最近ではスマホやPCを長時間見続けることで目が疲れ、これもたるみの原因のひとつと考えられています。

口がよく開いている人は口角がたるみやすい

口角が下がったように感じている場合、口元がたるんでいる可能性が高いです。
口角がたるむのは、口周辺の『口輪筋』の衰えが原因です。
よく口が開いている、と言う方は注意が必要です。

口元がたるんでいると、不機嫌そうに見えてしまうのが大きな特徴です。


顔のたるみを解消するためには、たるみの種類に合わせたケア方法をとることが大切です。
自分のたるみのタイプを見極めて、正しいケアを行いましょう。

―2016年9月2日

たるみにお悩みの方へ、
「プロリフトRFコース」がおすすめ!

こんな方におすすめ!

  • ●顔全体のたるみを改善したい
  • ●フェイスラインを引き締めてたるみをケアしたい
  • ●痛みや肌に負担なくたるみをケアしたい
  • ●小顔のむくみを解消したい

pagetop

pagetop